絵言葉屋はなのな〜カナダワーホリの旅〜

カナダにワーホリ中。絵本作家になりたい人。食べ物・ゼロウェイスト・お役立ち情報etc.

語学学校で気をつけるべきこと

カナダでワーホリ中のHannaです。

 

1ヶ月だけの語学学校でしたが、英語学習を優先する上で気をつけるべきことも学んだので、シェアします。

 

本気で英語勉強したい!という人向けです。

 

1、日本人・アジア人・日本好きな人には近寄らない

 

日本人同士でつるまないというのはみんなご存知のことかと思います。

どれだけ自分は英語しかしゃべらないぞ、と決めていても、やっぱり日本人同士だといざってときに日本語になっちゃいます。

 

では、アジア人、さらに「日本が好き!」という他の国の人とは英語でしゃべるからいいんじゃないか?と思いますが

 

彼ら自身が日本人の友達を連れてきてしまいます。

 

せっかく、自分で日本人同士ではつるまないと決めたのに、遊びに行くってなったときに、結局他の日本人の友達が来たり、語学学校の休憩時間にも一緒にいることになったりと、自分の決意が揺らいでしまう事態になります。

 

f:id:ekotobanohana:20190321084030j:plain

 

2、語学学校以外の活動、友達を見つける

 

わたしの語学学校では、ほぼ毎日生徒向けに活動が用意されていました。みんなでバーに行ったり、テレビスタジオのツアーがあったり、街の散策ツアーがあったり。短期間の人、まだ英語ができない人にはいい機会だと思います。

ただ、そこに参加する生徒たちは、第2言語で英語を学んでいる人たちです。違う国の人々との交流も楽しいですが、もし英語を最優先したければ、他の活動に参加しましょう!

 

<他の活動の探し方>

・図書館の掲示

バンクーバーの図書館などの掲示板には、イベントだけでなく、無料のチューターのサービスなどの情報があります。

 

・ボランティアサイ

https://www.govolunteer.ca/

アート、スポーツ、教育など自分の興味のある分野を探すことができるおすすめのサイトです。

 

・教会の活動

一見敷居が高いですが、教会ではクリスチャンの人でなくても通常の日曜日の集会に参加できます。また、一般向けには無料の英会話クラスが開かれていたりすることもあります。

わたしはバンクーバーでは、The Church of Jesus Christ of Latter-day Saintsという教会に参加していました。(住所:308 W 41st Ave, Vancouver, BC V5Y 2S4)

 

 

3、ホームステイが合ってなかったらすぐに変える

 

語学学校に来ている人々はほぼホームステイの人が多いかと思います。

そして、自分が決めるのではなく、エージェンシーやその語学学校が指定したところにホームステイに行きますよね。

 

もし、そのホームステイが自分には合ってないと思ったらすぐに変更したいことを伝えましょう。

 

ついつい「住むところを変えるなんてホームステイ先に申し訳ない・・・」と思ってしまいがちですが、そこは自分の未来を考えて勇気を出してみましょう。

 

わたしも最初のホームステイが、語学学校まで遠かったのと、子どもたちがケンカばかりしていたので、ここは学習するベストな場所ではないな、と思い、2週間後にすぐに語学学校にホームステイを変更してほしい旨を伝え、その1週間後には、より近くて、静かな家に移ることができました。

 

ただ、エージェンシーや語学学校によっては、変更する場合は1ヶ月前に言わなきゃいけないところなどあるようです。

また、わたしは幸運なことに、ホームステイ先が優しくて、他の場所に移るとなったときに何も問題なかったですが、他の友人のところでは、変更するということで怒られたという経験もあったようです…。

 

良いホームステイかどうかは結構運によるかもしれません。

心配な場合は、語学学校を申し込むときなど、ホームステイの依頼をする前に、変更が可能かどうか、変更したいとなったときはどのくらいで変更してくれるのかどうか確認ができたら安心ですね。

 

 

環境は与えられるもので我慢するのではなく、環境は自分で作っていくということを実践できたら最高の日々が待っているはずです!

 

Hanna 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

ワーホリに行くかどうかどうやって決めたか。決意の仕方。

バンクーバーでワーホリ中のHannaです。

 

社会人としてこれからキャリアを積もうという28歳のときに、わたしはワーホリに行くことを決断しました。

 

 

決断した後、よく友達から

「よく決意したね!」

「これから人生変わるね!」

と言葉をもらいました。

 

このブログを読んでいる人の中でも

・ワーホリに行くかどうか迷っている人

・大きな決断をするかどうか迷っている人

・自分の決断に自身を持てない人

がいるかと思います。

 

その方たちに、この記事が助けになればと思います。

 

f:id:ekotobanohana:20190316135733j:plain

 

1、自分が海外に行くと考えるとわくわくした気持ちになった

f:id:ekotobanohana:20190316140032j:plain

 

最初、ワーホリというシステムを知ったときに、そんなことあるんだ〜と自分には関係なく思っていました。

でも、もし自分がワーホリ行ったらどうかな・・?と考えると、気持ちがわくわくした気持ちになったんです。

 

そのわくわくは、自分がなんでもできそうで、上にひきあげられたようなそんな感じです。

 

この時、まだ全然リアルに想像できなくてませんでした。

 

みなさんはワーホリについて考えるとわくわくしますか?

いま、しようと思っている決断はポジティブな気持ちを感じますか?

 

 

2、とりあえずひたすら情報を集めてみる

f:id:ekotobanohana:20190316140139j:plain
 

 

ワーホリに行きたいと思ったとき、デンマークがいいなあと思っていました。

北欧雑貨が好きだし、自分が好きなアート系も学べそうな学校もあるしということで。

 

ネットで探したり、留学やワーホリしたことのある友人に話を聞いてみたり・・・

するとだんだんと「カナダの方が自分に合ってるかも?」と思うようになってきました。

その理由として

デンマークだと英語は通じるが公用語デンマーク語。そもそも英語力がない自分がさらにまったく知らない言語の環境は厳しいのではないか。

⇨カナダは英語。

・ヨーロッパは、アジア人差別が時折あるらしい。友人が映画館でポップコーン投げられたり、日本人のハーフの子に対して「なんであなたはそんなに細い目してるの?」とからかわれたりしたという話を聞いた。メンタルの弱い私が果たしてその環境に耐えられるのか?

⇨カナダは多国籍国家。異なる人種に慣れている国。

 

あと、他にもヨーロッパには友人がほぼいないのですが、カナダには何人か知り合いもいるので、安心感があるという理由もありました。

 

なんかもう、いろいろ調べているうちに

「もうワーホリ行くしかないな・・・」

と思えてきました。

 

ただひたすら情報を集めているだけで、自分の意識も変わってくるので、曖昧だったものがだんだんと現実を帯びてきます。

 

3、応援してくれそうな友人に話す

f:id:ekotobanohana:20190316140525j:plain
 

海外経験のある友人に「ワーホリ行こうと思っている」と話すと、ほぼ全員が「絶対行った方がいい!」という意見でした。

やはり、他の人の言葉は力強いですよね。

 

正直、わたしは少し親の反対がありました。

「28歳だったら、もっと結婚を優先すべきじゃないか」とか・・・

いやいや、そもそも相手がいないんだけど。。

 

親の反対は子どもを心配してのことなので、安全な道を進めるケースが多いですが、それでもやっぱりわたしの人生はわたしの人生です。

その人生がよかったか、悪かったかを決めるのはわたし自身です。

親や、他にも大事な人の意見は心に残ることが多いですが、それも自分自身がどう感じるかをしっかり見つめてみてください。

その意見に従った場合、わくわくした気持ちになりますか?

ただ、相手に逆らうことが怖い、関係を崩すのが怖い、という不安な気持ちではないでしょうか?

 

勇気を出して、本当に従いたい言葉を大事にしてみてください。

 

 

そんなことをしているうちに、このくらいのときに仕事やめるのがタイミング良さそうだな、とか、貯金はこのくらいで溜まりそうだなとか、現実的な部分が見えてきます。

 

決意したら実行するのみです。

 

Hanna

 

 

ブログはじめます!

カナダにワーホリ中のはHannaと申します!

 

かる〜く自己紹介を・・・

 

29歳。そうです。ワーホリのギリギリ年齢(ワーホリは30歳までしか申請できない)です。

 

独身。2019年3月現在恋人もいません。

 

英語力なし。5年ほど前に3ヶ月ほど語学留学したのみで、他に専門的な英語教育はなし。洋画も洋楽も特に興味なし。いまようやく日常会話が少しできるくらいに。

 

キャリアほぼなし。大学卒業後、小さな広告会社に就職したもののブラックすぎて、1年あまりで退職、その後は派遣のみ。

 

漫画、アニメ好きなオタク。人生で大切なことは漫画とアニメから教えてもらいました。

 

コミュニケーション苦手。そもそもしゃべるという行為が苦手。別に人と話さなくてもいいのなら、別にそれでも生きていける気がする。

 

ちょっと自分の紹介並べてみましたが・・・

 

どうしてこんな何もないわたしがカナダにワーホリに?

 

それについてはまた次回に!

 

Hanna